CocorimのFFXI迷走記(と6匹の飼い猫達や中の人の日常のあれこれ・・・)etc...


by Cocorim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

一日中、メリポ三昧(*^_^*)

日曜日は朝からメリポ三昧。
結局、3PTのはしご・・・

①9時~13時ごろ迄、構成は、ナ・侍・狩・戦・白・垢
場所はアズーフのワープから出たところ近辺で、獲物はインプ、トンボ、カエル。
リーダーはレベル73のナイトさん。「経験値欲しいんです」の人でした。
暫く順調に狩ってたけど、途中で戦士さんが突然【回線切断】
暫く待っても戻ってこないので、代わりに竜さんが入ったらしい・・・
やっているうちに、最初の戦士さんが戻ってきてたみたいだけど・・・だれも無言。
なんか、かわいそうだな・・・と、思いつつも、どうしようもないので・・・

そうこうするうちに、リーダーが@20分で戻らなきゃいけない、というようなことを英語で言ってた。^_^;
メンバーはリーダー含め、私と白さんが日本人、後は外人の混合PT。
「半分日本人なんだから、日本語でも言ってよ・・・」と、密かに思いつつ・・・
リーダーに代わって入ってきたのは外人の忍者さん。
気が付けば、日本人は私と白さんの二人だけ・・・
え~~~~~!!【英語】PT【せっかくだけど遠慮します】のサチコメ、何の意味もないじゃんorz
お昼を過ぎても、一向に終わる気配がないので、白さんが【仕事】【時間です】と発言してくれて、やっと終了。
白さん、嘘も方便、ありがと^^
だって、裏Tellで「おなか空いたのに・・・」って言ってたもんね(笑)

最終的にこのPTではメリポ1増えて2になっただけ・・・
ちょっと、疲れた・・・

長くなりますので、ちょっとたたんでおきます。
気が向いたら、どうぞ・・・




②13時~18時ごろ迄、場所はマムージャ
構成は、青・詩・忍・忍・戦・垢

今度はPTに白さんがいません。
私はサポ白で回復メインの垢魔道師・・・
ワープからでて最初の広場でやってたのですが・・・
だんだん、人が増えてきて、重いのなんのって・・・
マクロ、さっぱり動きません。
タゲもうまく当てられなくて・・・・・^_^;
初めのうちは、結構順調に行ってたんだけど、だんだん広場の中央まで進んでいってしまってて・・・
そこで事故が・・・

まず、私は寝かせたやつが起きたことで殴られて・・・
もう一度寝かせようとしたけど、マクロがうまく動かず・・・
ボコボコに殴られてご臨終。
すぐにレイズもらって、少し安全な場所で回復。
衰弱はしてたけど、「PTのHP回復もしなくちゃ・・・」
と、参戦。
周りの様子を見ながら、ケアルしたり、リフレしたり・・・
が、なんか、いっぱいリンクしてきた・・・^_^;
詩人さんがヒムヌス歌ってくれてたけど・・・私は衰弱してて離れてたから、範囲に入っておらず・・・
みんなも危険を察して、ワープの門に向かいながら、少しづつ移動してきてたけど・・・
結局、リンクしてた数4~6ぐらい?単体のほかに、竜つれてるマムも2匹ぐらいいたみたいで・・・
私は「やばい」と思って立ち上がろうとした瞬間に、範囲攻撃食らってあっけなく2度目のご臨終;;
PTも一人か二人生き残ったのかな?
ほとんど壊滅状態。
でも、詩人さんのヒムヌスのおかげで、みんな起き上がってましたが・・・
「ゴメンナサイ。私ヒムヌス浴びてません^_^;」
レイズもらって、復活。
その後、暫く継続してやってたけど、時間が来たんで終了。
それでも、メリポは2→7と、5つも増えました\(^O^)/

③そして、この日最後のPT
19時半ごろから23時半ごろまで。
構成は、青・忍・戦・モ・白・垢
今回もマムージャだったけど、キャンプは北奥のAC手前。
初めは、安全圏でトンネルの中でキャンプを構えてたけど、さすがに釣ってくるのが大変・・・
「もう少し前に出てやりましょう」と、少し前進して・・・
トンネル入り口近辺にPOPする2匹のマムに、注意しつつ、洞窟と広場の間を行ったりきたりしながら、順調にミリポは増えていきます。
途中、2回ほど休憩を取りながら気が付けば、メリポ10に・・・
すご・・・こんなにためたの初めてだよ・・・
みんなも、メリポも鞄もいっぱいだぁ('∇')といいながら、時間が来たのでPT終了。

結局一日で9メリポ貯まったらしい。\(^O^)/

帰って、早速振り分け・・・
INT増やすには9メリポ必要だったので、9はINTへ・・・
もう一個は・・・どうしようかなぁ?と思いつつ、垢魔道師のコンバの間隔に振っておきました。
[PR]
by Cocorim | 2006-07-17 10:17 | FFXI