CocorimのFFXI迷走記(と6匹の飼い猫達や中の人の日常のあれこれ・・・)etc...


by Cocorim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:猫( 45 )

武蔵の法要

今日は武蔵に会いに行ってきた。
武蔵を埋葬してもらったところで法要と盆ちょうちん供養があったから。

受付で武蔵の名前を記したお札を貰い、盆ちょうちん供養用のちょうちんと短冊を貰い
短冊に武蔵へのメッセージを書いてちょうちんにつけ・・・

受付順に名前を呼ばれある程度の人数まとめての法要。
本堂に入り、ちょうちんとお札を備えて供養のお経を上げてもらう。

名前を呼ばれて、順番にお焼香。
お焼香をしながら、また泣けてきた。

武蔵を埋葬して一週間、
まだ、一週間しかたっていないのに
もっと、もっと、多くの日数が過ぎている気がした。

生きている間は口内炎に苦しみ、一生懸命生きていた。
今はのんびり穏やかに過ごしていてくれるだろうか・・・

法要が終わった後、武蔵のお墓に行き、お参り。
いつも食べていた缶詰をお供えしてきた。
たくさんの猫ちゃんや、犬や・・・兎もいた。
武蔵はみんなと仲良くやっているだろうか?
ちょっと遠慮がちな武蔵は、いつも他の子が来ると引っ込んでしまっていた。
今でもそうなのだろうか?
そんなことを思いながら、手を合わせる。

「武蔵、のんびり穏やかに過ごせてますか?
最後のとき、そばにいなくてごめんね。
武蔵は、ずーっと、私たちの心の中で生きているからね・・・・」


武蔵がいなくなって一週間とちょっと。
ささやかな日常が日常でなくなった日々・・・
それも、少しずつ日常に戻りつつある今日この頃・・・

武蔵がいない日常が出来上がってしまうことがちょっと寂しくもあるが・・・
武蔵はいつも、私たちの心の中で行き続けている。

また、会いに行くからね。
[PR]
by Cocorim | 2012-08-05 21:02 |

武蔵の旅立ち

武蔵がとうとう、天国へ旅立ちました。

口内炎を患って7年?8年?・・・
口内炎は、猫にとっては不治の病です。
やれる限りの治療をしてきたつもりです。
悪いところの歯を抜いたり、ただれてきた歯茎を電気メスで焼き切ってもらったり・・・
注射にも通いました。
初めのころ打っていた注射がだんだん効かなくなり、ステロイド系の注射に変わり、
2週間に1回だった注射が毎週になり・・・
良いと言われるサプリメントを与えたり・・・・
どんどん悪くなってきて、点滴にも通いました。
2週間に1回だった点滴が、1週間に1回に変わり・・・・
それでも武蔵はがんばっていました。
必死に生きようとしていました。
ここ数年は本当に辛かったはずなのに、一生懸命ご飯を食べようとしていました。
お口が痛くて、硬いキャットフードが食べづらくなり、補助的に缶詰も与えていました。
先週の火曜日の夜までは、「ご飯、ご飯・・・」ってねだってきて、ちゃんと缶詰を食べていました。
でも、水曜日の夜はご飯をねだりに来なかった・・・
いつもはずっとリビングにいるのに、水曜日の夜はふらふらとリビングを出て行った。
私たちがご飯を食べ終わり、薬を飲ませようと探しにいくと、2階の寝室のベットの下で眠っていた。
リビングにつれてきて、いつもどおり薬を飲ませた。
そのまま、リビングから動こうとはしなかった・・・・

木曜日の朝も、ぜんぜん動いていなかった。

木曜日の朝、出勤前のこと・・・・
旦那も心配して、「今晩にでも病院に連れて行こう」と言っていた。
私が出勤する前に、武蔵が足を力なく動かしていた。
「立ち上がりたいけど、うまく立てないのかな?」
そう思って抱き上げ、立たせてみた。

武蔵は、もう自分の足で立てなくなっていた。
立たせても、立たせても・・・
そのまま、クタっと伏せてしまう。

「どうしよう・・・・・」
でも、仕事に行かなきゃいけない・・・・

フローリングの上じゃかわいそうと思い、カーペットの上までつれてきて寝かせ、エアコンをつけたまま
後ろ髪を引かれる思いで出かけた。
「なるべく急いで帰ってくるからね、帰ったら病院へ行こうね」
そう話しかけて、出勤。
なんとかフレックスを使って16時15分に退社。
家まで歩いて30分・・・

17時前、家に着き、リビングのドアを開けると・・・
朝寝かせた場所で首だけ扉のほうに向けて、眼をパッチリ開けて私を見ていた。
この間まで開けられなかった左の眼も開いていた。

「ムー君、遅くなってごめんね。急いで病院に行こうか?」
鞄を置いて、武蔵に近寄った・・・・・

!?
え?

武蔵に触れてみた・・・・
武蔵はすでに冷たくなっていた・・・・

「うそ・・・・」

ムー君、ごめんね。
寂しかったね。
ずっと、待ってたのかな?
扉を見ながら、私たちが入ってくるのを・・・・


最近ではお尻から出血して、止血剤を打ってもらって、何とか抑えた。
数ヶ月前から、左の頬の辺りが腫れて、左目が殆ど空けられない状態だった。
左あごの下に突然穴が開いて、膿と出血が始まった。
急いで病院に連れて行ったら、「薬による後遺症だろう・・」と言われた・・・
毎日、消毒と薬を塗り続けていた。

最近はちょっとだけ、左目があくようになった。
あごのところの傷も少しだけ小さくなった。
先週の土曜日に受けた最後の点滴は、吸収しきれずに片方の足がびちゃびちゃに濡れるほど染み出してしまっていた。
もう、武蔵の身体は限界だったのだろうか・・・?


そして・・・・
最後の時が来た。

あの時、会社を休んで武蔵のそばにいてあげればよかった・・・・
それだけが悔やまれる。
寂しかっただろうな・・・
心細かっただろうな・・・・
ドアの方を見つめながら、ずっと待っていたんだろうな・・・

旦那も、武蔵を病院に連れて行くつもりで、会社から帰ってきて車庫のシャッターを閉めずに家に入ってきた。
私が玄関で「ムー君、死んじゃった・・・」と告げると
「そうか・・・」と言ったまま黙り込んだ。

ごめんね、ムー君。
最後の時にそばにいてあげられなくて、ごめんね・・・


他の猫たちも、やっぱりわかるんだろうね。
木曜日から武蔵のために、ずっとエアコンは突っ放しだったけど、いつもなら猫穴があるにもかかわらず扉を開けて出入りする小次郎が、ちゃんと猫穴から出入りしてドアを開けっ放しにしなかった。
そう、今日武蔵が家を出るまでずっと・・・・





木曜日は・・・
すぐにかかりつけの獣医さんに電話して、武蔵の死を伝え、これからのことを相談した。
火葬場のパンフレットを獣医さんに貰いに行った。
武蔵を入れてあげる箱が見つからなかったので、獣医さんに相談したらダンボールの棺おけをくれた。

獣医さんの奥さんが言ってくれた。
「ムー君はきっと幸せだったよ」って。
「感謝してると思うよ」って・・・
家の子だったから、こんなにがんばれたんだよ。って・・・

涙が出てきた。
本当に、武蔵は幸せだったんだろうか?
家に来て良かったと思ってくれてるんだろうか・・・
他にもっとしてあげられることがあったんじゃないか・・・・
やれる限りのことはしてきたつもりだったけど・・・・でも・・・・


いろいろなところからの出血で血だらけになっていた武蔵の足を拭いてあげて、箱に入れて毛布をかけてあげた。
他の猫たちがいたずらをしてはいけないと、リビングのカウンターの上に武蔵を寝かせた。

金曜日、午後半休を取ってドライアイスを買ってきてお棺に入れた。
火葬場に電話して、受付時間を確認した。

他の猫たちも、きっとわかるんですね。
ゴエモンが食卓の隅、武蔵の寝ているお棺に一番近いところに座って、ムー君に向かって、いつもと違う声で鳴いていた。
ゴエモンには、武蔵が見えていたんだろうか?
火葬場につれていく少し前には、サスケがゴエモンが鳴いていた場所と同じ場所に座って、ムー君の方をじっと見ていた。

そして、今日、土曜日の朝。
武蔵の何かを残したかった。
足の裏に朱肉をつけて、足形を取らせてもらった。

午後、旦那が仕事から帰るのを待って、火葬場へ向かう。
家を出る前に、武蔵を抱いて家の中をひと周りした。
他の子たちにも、最後のお別れをしてもらった。

武蔵の葬式は無事に終わり、天国へと旅立っていった。
長い間薬を飲み続けていたせいか、骨がボロボロだったのが悲しかった。
旦那と二人で武蔵の骨を拾い、埋葬した。
涙が止まらなかった・・・・

ムー君、今までありがとう。
シャイで、やんちゃで、こっそりいたずらで、
普段は穏やかだけど、怒ると殺人キックが飛び出したムー君。
小さいとき、いたずらしてプラスチックケースを落として割り、その破片を加えて走り回ってたとところを私に見つかり、目が会った瞬間にフリーズしてくわえてた破片を落としたときのムー君の顔が今でも忘れられません。
他にも、たくさんたくさん、ムー君の思い出があります。
ムー君は、ずーっと、私たちの心の中に生きています。

ムー君、今までよくがんばったね。
辛かったよね。
やっと、楽になれたのかな?
ムー君、今までありがとう。
家の子になってくれて、ありがとう・・・

平成12年3月生まれ。
平成24年7月26日永眠。
享年12歳4ヶ月。
人間に換算したら78歳くらい。

もう少し生きていてほしかったけど、病気と闘って辛い思いを続けさせるのも辛かった・・・
生きていて欲しい・・・でも・・・
心の中でいろんな思いが渦巻くけど・・・


葬式が終わって、少しだけ心の整理がついたかもしれない。

階段に点在している武蔵のよだれの跡・・・
武蔵の飲んでいた薬の残り・・・
武蔵の食べかけの缶詰半分・・・
まだまだ、武蔵の欠片が我が家にはいっぱい残っていて、
見るたびに心が締め付けられて痛い・・・
でも・・・

我が家にはまだ5匹のニャジラたちがいるから・・・
いつまでも泣いてたら、他の子達に心配かけちゃうから・・・・
武蔵のことは忘れない。
そして、他の子達の為にしっかりしなきゃ!!
[PR]
by Cocorim | 2012-07-29 00:43 |

ニャジラ達の襲撃

昨日、オーブンレンジを買い換えた。

最近、キッチンが一段と「オシッコ臭い?」と思ってはいましたが・・・
先日、レンジの上から後ろの壁に向って「マーキング」放尿している小次郎を発見!!

「ちょ・・・なにしてるの~~~~~!!!」

掃除しなきゃね・・・・
昨日、周りのものやレンジを動かしてみて・・・∑( ̄□ ̄;)
レンジの下、水浸しですけど・・・・

よく、火事にならなかったものだと・・・
ってか・・・・
おまえら、家電品にシッコかけるな~~~~~!!!!


我が家のネコ被害。
電話機2台。・・・・・シッコ掛けられて使用不可能に・・・・
我が家で一番高価だった皮製のソファー。
シッコと爪とぎで・・・・没。
くくりつけの靴箱。
シッコかけられて、半腐敗。撤去。・・・・・市販品の下駄箱購入。

寝室のくくりつけの引き出し。
開けまくって、中に入って・・・衣類毛まるけ。・・・使用不可。
挙句の果てに・・・そこでもシッコ。・・・・やむなく撤去。
旦那の日曜大工で改造。とりあえず、使えるようにはしたが・・・・

羽毛布団。
何枚捨てたことか・・・
肌掛け布団、タオルケットも・・・・・・しょっちゅう洗濯;;
低反発枕・・・・いったい何個目?

シングルベッド2台、買い替え。

リビングの出窓下の収納。
その前にネコトイレが並べてあるが故に・・・?
トイレの外まで飛ばしてくれたシッコで・・・一部腐敗。
旦那の日曜大工で修繕。
現在、ビニールシートでカバー。・・・扉開けられません・・・・
って。収納の用、足してないじゃん!!!(´;ω;`)

その他、あれや。これや。それや。どれや・・・・・・
次から次へと対策中。

旦那曰く、「ネコとの戦いだ!頑張るぞ!!」

・・・・・・・
私、力つきそうです・・・・orz


次から次へと、いろいろやらかしてくれる我が家のニャジラ達。
実行犯は2~3匹。

確かに、いやなことばかりじゃないけど・・・
癒してもくれるけど・・・・・


いい加減にしろ~~~~~~!!
と、思いたくもなります;

ニャジラ達の逆襲で・・・・
我が家は破産しそうな・・・・orz



かといって、今更放り出すわけにもいかないし、そんなことできないから・・・・
これからも面倒はちゃんと見ますけど・・・・
うちらが節約すればいいのさ!!(開き直り)

だけど、時には・・・愚痴りたくもなりますって!!

甘えてきたら、かわいいから・・・許しちゃってるとは言え・・・
精神的に・・・壊れそうです;;

それにしても・・・・・
オーブンレンジ、昔と思うとずいぶん安くなったなぁ~(*^_^*)
出費は痛かったけど、新しくなったから・・・いっか~^^
もう、10年近く使ってた代物だしね。
[PR]
by Cocorim | 2008-06-23 12:34 |

頑張れ、源ちゃん!!

昨日、仕事から帰ったら・・・・

いつもなら、真っ先に玄関に迎えてきて「ご飯、ご飯・・・」と付きまとってくる源ちゃんの姿がない。
「あれ?源ちゃん、どうしたんだろ・・・?」
微かに不安がよぎる。
「最近、ちょこちょこゲボ吐いてたからなぁ・・・。でも、今朝はいつも通り元気だったし・・・」

リビングに入っても源の姿がない。声もしない・・・・
「もしかして、またどこかに閉じ込められてる?」
二階に探しに行ってみる。

・・・・・いない・・・・・

もう一度、1階。
前に閉じ込められた経験のある場所を一通りチェック。

・・・・・いない・・・・・

リビングに戻って、何気なく見上げた冷蔵庫の上。

「いた!!」
けど、なんだかちょっと様子が変。

近づいてみる・・・・

「源ちゃん、どうしたの?!!調子が悪いの?」

源は、冷蔵庫の上で口から泡のようなよだれをたらしてうずくまっていた。
元気もない。

慌てて源を連れて車に飛び乗り、病院へ・・・・


心配で、はちきれそうな思いのまま病院への道を急ぐ。
こういうときに限って、遠く感じる・・・・・


やっとたどり着いた病院で病状を告げ、診察へ・・・・

最初に源の口を見た先生が一言。
「これは、ひどいな・・・グラグラだし・・・
かなり痛いんじゃないか?
抜いてしまいましょう。」

そういってペンチで牙を引っ張ると・・・・・
いとも簡単に牙が抜けた・・・^^;
かなり歯槽膿漏が進んでいるらしい。
これで上の牙は1本もなくなったし;
(もう一本は知らない間に勝手に抜け落ちてましたorz)

それから、本格的に診察へ。
熱を測ってもらう。

39度ちょっと。
微熱らしい・・・・・

とりあえず、注射を打ってもらって念のため血液検査へ。

結果が出るまでの15分くらいがやたらと長かった・・・

再び診察室へ呼ばれ・・・

「肝炎みたいですね。その値が異常に高いです。」

うそ・・・なんで・・・?

「白血球の数もかなり増えてるし・・・・
でも、これはウィルス性のものとは思えないので、肝臓からきているのでしょう・・・」
「ずっと元気だったの?」

今朝まで、ずっと元気だったんですよ。いつも通り・・・
ただ、2~3日前からちょっと水みたいなゲボをちょくちょく吐いてたのは気になったけど・・・
でも、いつもと同じように元気だったんですよ。

「この血液検査の数値からいくと、肝炎であることには間違いないですね。肝硬変なのか、肝臓がんなのか・・・なんなのか・・・その辺は特定できませんが・・・・」
「予断はできませんよ。激性肝炎と思われますし・・・・」

うそ・・・・うそだよね?
なんで、急に肝炎になんかになっちゃうわけ?
今朝まであんなに元気だったじゃん!!
いつもみたいに甘えてきてたジャン!!
朝も、いつも通りに私を起こして「ご飯。ご飯」って叫んでたジャン!!

「明日から、毎日点滴につれてくることはできますか?」
もちろん、つれてきます。源ちゃんの命が大切ですから・・・


今日から、暫く点滴のために病院へ通院することが確定しました。



昨日の診察後・・・・
家に帰ってからも元気がない。
ずっと、元気がない・・・・・
ご飯なんてもちろん食べないし、お水も・・・・
お水も飲みたそうに器の前までは行くんだけど・・・ちょこっと口をつけるかつけないくらい・・・
そのまんま、器の前でうずくまってる・・・・

源ちゃん、元気になってね。
そのためなら、どんなことでもしてあげるからね。

頑張れ、源ちゃん。
負けるな、源ちゃん。
肝炎なんて、ぶっ飛ばしちゃえ!!!!!


仕事があるから、昼間はずっとそばにいてあげられなくて心配だけど・・・
大丈夫かなぁ・・・?

きっと・・・きっと、再び、元気な源ちゃんに戻ってくれるよね・・・・?
[PR]
by Cocorim | 2008-02-29 12:42 |

その後の小次郎

昨日の朝、小次郎は元気になっていた。
朝ごはんもちゃんと食べてる。よかった・・・

会社から帰って、夜もう一度小次郎を病院に連れて行き熱を測ってもらったら・・・
「下がってますね」とのこと。
一昨日の注射が効いたのかな?
念のため、もう一度注射を打ってもらって、熱がぶり返すといけないからと飲み薬を3日分貰って・・・

今朝、薬を飲ませたけど・・・
薬を飲みなれてない小次郎は、上手く飲んでくれなくてちょっとこぼしてましたが・・・
とりあえず薬も飲んで元気にしてます。

熱の原因はなんだったのかなぁ・・・?
病院の先生も首をかしげてましたが・・・軽度の熱中症?
毎日蒸し暑いこの時期、そればかりが頭に思い浮かびますが、他の5匹の息子たちはとりあえずそんな症状はなさそうだし・・・

家でも、自由に移動できるようにしてあるし、開けておいても問題のなさそうな窓はちゃんと開けて会社に行ってるから風もそれなりに通っているはず・・・
とは言え、一概に「だから大丈夫」とは言えないだろうな・・・と思いつつも、できる限りの対策はしないとね・・・

いたずらばかりして、しょっちゅう怒鳴りつけている息子たちですが、やっぱ子供と同じですよ。
どんなに悪いことをしても、心のそこでは許してますしね^^;

「いたずらするのも元気な証拠」ってことで・・・
6匹みんな、元気で長生きしてもらわなきゃいけないから・・・
[PR]
by Cocorim | 2007-07-26 08:00 |

小次郎が・・・(つд・)

昨日の夜。
「なんか、小次郎が変・・・」と、旦那からの内線電話。

「え?ちょっと、見に行くわ・・・」と、2階へ上がってみると・・・
小次郎が私のベッドの上で、口を半開きにしてよだれを垂らしてるし、なんだか元気もない。

「やっぱ、へんだね。熱中症?」

心配になってPCでネコの病気を検索してみると・・・

よだれをたらす原因は「口内炎」であることが多いらしいが・・・
熱中症の症状にもそういうことはあるらしい・・・

「暫く様子を見ようか?」と言ってた旦那。
「うん・・・」と、言いつつも、心配で・・・

「ちょっと病院に電話してみるね」と獣医さんに電話で相談したら・・・
時間外だけど診てくれるとのこと。
自宅で開業している獣医さんは、こういう時ほんとに助かります。

だったら、と、急いで病院へ連れて行くことに。

で、結果としては・・・
よだれの原因は・・・どうやら「口内炎」らしい。

いつのまに・・・?
武蔵は口内炎をすごく痛がって、ご飯も食べられないくらいになるのに・・・
小次郎はいままでそんなことなかったし・・・
でも、結構進んでるらしいし・・・
まぁ、ネコによって症状のでかたは違うんだろうけどね・・・


で、小次郎に話を戻して・・・
よだれの原因は、とりあえずわかったけど・・・
なんだか呼吸も荒いし、「念のため・・・」と体温を計ってもらったら
40℃以上あるらしい・・・
「ちょっと、熱がありますね。呼吸も荒いし、軽い肺炎起こしてるといけないけど・・・」ととりあえず注射を2本打ってもらって・・・
「明日、また来てください。熱が下がらないようならレントゲンを撮りましょう」・・・

注射が効いたのか、家に帰ったら大分元気になってきてた。
良かった・・・

そして今朝の小次郎は、ご飯もちゃんと食べてたし、昨日より元気はあるみたい・・・
とりあえず今晩病院に連れて行くけど・・・熱、下がってますように・・・



それにしても・・・夜間料金、高い;;
お財布が空っぽに・・・(つд・)

でも、小次郎の命はお金には替えられないんだけどね・・・
長生きしてもらわないといけないし・・・

が、
保険がないってのは、ほんとキツイですorz
[PR]
by Cocorim | 2007-07-25 13:10 |

バ・カ・コ・テ・ツ

今朝、会社へ行くために着替えを済ませて二階から降りてくると・・・

玄関に小鉄の姿が・・・

ん?

Σ(゜Д゜)


ちょ、ちょ・・・ちょっと!!!!!!


な・な・なんと!!!
小鉄のバカ、私の靴の上でおしっこを・・・orz

「こら!!何してるの!!!!!」


叫ぶ私。
「どうした?」とご飯を食べながら暢気に聞いてくるだんな。

「小鉄が私の靴の上でおしっこした!!」

「やっぱ、小鉄か・・・」

前にも、玄関におしっこされてて、その時は靴は濡れてなかったんでそのまま掃除だけしたんだけど、犯人は不明のまま。

今日、現場を目撃して犯人が判明!!

まったく・・・
なんで、そういうことするかなぁ・・・?

旦那曰く、「出かけて欲しくなかったんじゃない?」
って、自分が被害にあってないから相変わらず暢気なコメント。


むぅ・・・今日履いていく靴がないじゃん・・・(つд・)

下駄箱を探し回って見つけた、ずっと前に履いていた「安全靴」みたいな靴。

まぁ、裸足で行くわけにはいかないし・・・これでいいか・・・orz




歩き始めて暫くして・・・
あれ(・・?

なんか、変です。
靴の裏を見てみたら・・・・・

ε=(~Д~;)

長年放置してあった靴。
靴底のゴムが劣化して一部崩れてきています;;

「・・・・・」
言葉にならないショック。

まぁ、会社ではデスクワークなんで、それほど影響はないけど・・・
帰りの道のり30分弱。
めちゃめちゃ歩きづらそうな予感;;


小鉄め~!!
おまえ、捨てるぞ!!!
これから外で一匹で生きていきなさい!!!

とは、叫んでみるものの・・・
そんなこと、できるわけないよね・・・^^;

小鉄は小鉄で、結構かわいいところもあったりするしさ・・・(〃 ̄ー ̄〃)
普段、あんまり構ってやれないから、甘えん坊の小鉄の「自己主張」なんだろう、って思ったりするけど・・・



困ったもんだ・・・
どうしたらいいのさ!!!

朝から疲れ100倍・・・orz
[PR]
by Cocorim | 2007-06-19 08:00 |
2007年のニャンコアルバムと言えども、撮ったのは去年の暮れから今年の4月までの分から抜粋です。
デジカメを買い換えて、PCへの取り込み方がわからずに今日まで来てしまいました。(笑)
やっと、PCに落とせたので遅ればせながら2007年初のニャンコアルバムです。
ってか、うちの子自慢ヽ(´ー`)ノ

b0072251_22104530.jpg


b0072251_22123163.jpg


b0072251_22154978.jpg


b0072251_22162864.jpg


b0072251_2222135.jpg


b0072251_22173412.jpg


b0072251_22181055.jpg


b0072251_2218233.jpg


b0072251_2219647.jpg


b0072251_2219355.jpg

[PR]
by Cocorim | 2007-04-17 22:20 |

ドン臭い源ちゃん

昨日、会社から帰って玄関を開けたら・・・
どこかで、源の鳴き声が・・・!!

「むむむ?」
また、ベッドの下の引き出しにでも閉じ込められてるんか?
と、2階の寝室へ・・・行ったら、鳴き声が遠くなった!
「あれ?やっぱ、下だよね・・・」

「いったいどこなんだろ?」と考えながら耳を澄ましてみる。
・・・・・

「ひょっとして!!!」
玄関のコート類を掛けてあるクローゼットを開けてみると・・・

^^;
「ばか・・・・・・・」

どうやら、朝出かけるとき私が上着を出す為に扉を開けたすきに入り込んでいたようです。
音も無く入るから、ちっとも気がつかなくて・・・

んで、そこは普段から猫たちがいたずらで扉を開けては、掛けてある上着を引き摺り下ろすんで鍵が掛けてあるんですよ・・・
おかげで、源は他の子に救出してもらうこともできず、一日中、真っ暗な小部屋の中で過ごしたわけで・・・

「かわいそうに・・・」と思いつつも、源に「バカ・・・」とつぶやいて、笑っちゃいました^^;
[PR]
by Cocorim | 2006-12-06 08:04 |

;;

朝、せっせと長文(になってしまった)ブログを書いたのに・・・
送信失敗して、消えたorz
二度と書けん!!

で、内容は何かというと・・・
ゴエモンが無事、虚勢手術を終えたということです;
あれ?あれ、あれ、あれ・・・?
そういえば、我が家の息子たちは、全員虚勢済み。
と、言うことは。。。。。。。。。
ブログのタイトル、間違ってるか?
「Cocorim(と6匹の息子もどきたちと中の人)のささやかな日常」
と、なるべきなのだろうか?・・・・・・

まぁ、いいか。
深く考えないでおこう。
深く考えることは、私のキャラじゃないしねw

土曜日は、昼前にゴエモンを虚勢手術の為に、小次郎をワクチン注射の為に病院へ連れてって、夕方、ゴエモンを迎えに行く時に武蔵を「口内炎軽減注射」の為に連れてって・・・
獣医2往復の旅、となっていました。

小次郎の注射は別に問題なんだけどさ・・・問題は武蔵なんですよね。
大の病院嫌いの武蔵君。
病院へ向う途中、必ずキャリーの中で固形物が・・・
今回も、車の中で「ほんわか」臭ってました。^^;
注射の為に診察台に載せて、キャリーに戻すとまたまた診察台の上に固形物が・・・^^;
もう、恥ずかしいったらありゃしない;;

自宅に帰ってからのゴエモンは・・・
朝ごはん⇒全身麻酔による手術のため、絶食。
昼ごはん⇒手術のため絶食。
晩ごはん⇒全身麻酔をしたため、大事をとって絶食。
と、言うわけで、一日中何も食べていない上に1匹だけケージに閉じ込められて・・・
ビービー、ギャーギャー、顔をゆがませ、声を嗄らして泣き叫んでおりました。
「これ、人間だったら虐待?」とか思いつつも・・・猫でよかった;
「今日、1日だけ我慢して・・・」と、こっちもつらいのですから・・・

それでも、ゴエモンは、ギャーギャー泣き叫びながらも、気になって近づいてくる兄ちゃんたちにケージ越しにちょっかい。
さすが、ゴエモン。

次の朝、リビングに行ったら、既に泣き叫んで・・・
そりゃ、そうかも。
だって、前の日は一食も食べてないんだもんね。
お腹空いて、寝てらんないか・・・

さて、ゴエモンの解禁。
ケージから出してやったら、一目散に爪とぎに・・・
その後は、何事もなかったかのように、いつもどおり兄ちゃんたちに挑みかかっていましたよw

「わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい」
(懐かしいセリフだ・・・^^;)
[PR]
by Cocorim | 2006-11-29 12:51 |